Dr.岩本イズム

長期的な健康のために命を守る歯の真実

ここでしか知れない本当の歯のはなし

インプラントを値段の安さで選んではいけません!

インプラントの費用、安いだけでは失敗のリスクが倍増

現在、インプラント治療に関しては大きな誤解が広まっています。

それは、インプラントがお手軽かつ万能な“魔法の杖”であるかのような誤解です。そのため、巷には「1本数万円でインプラント!」などという安直な歯科医院の広告が増え、患者様も「歯がなくなってもインプラントがあるから大丈夫」と、ご自分の歯の大切さを十分に考えなくなっています。
じつに困ったことだと思います。

とはいえ、患者様にしてみれば「じゃあ、インプラントの値段が、クリニックによって大きく違うのはなぜなの?」という疑問を抱かれるのも当然のことです。

ご承知のとおり、インプラントというのは現在、一般的に健康保険適用外の「自由診療」であり、値段には大きなばらつきがあります。

そうなると、つい「値段が安いほうが……」とお考えになりがちですが、私としてはそこに大きな落とし穴があることを知っておいていただきたいのです。

「インプラント治療は、歯科医の技術力で天地の差がつく!」の記事でも、安価なインプラント治療を受けられた患者様の多くが手術後の痛みや不具合を訴えられ、当院にセカンドオピニオンでおいでになるという話をご紹介しました。
インプラントの治療失敗で再手術する場合、技術的にも大変難しくなり、費用は最低でも約3倍、そのうえ手術の際に顎の骨を大量に失うなど、金銭的、肉体的にも大きな負担を覚悟しなければなりません。 要は「安かろう、悪かろう」な結果になることが非常に多く、「安いインプラントなんてやらなきゃよかった」という後悔を味わう危険性がきわめて高いといえるでしょう。

インプラントを値段の安さで選んではいけません!

セカンドオピニオンでいらした患者さん。

上段:右上前歯にインプラントが入っていましたが違和感が続いていました。

下段:本当にインプラントは必要なのか、噛み合わせも考慮しました。

インプラントは除去し、ブリッジで治療した後です。

インプラントの費用は治療技術や素材の値段では決まらない!?

そこで皆さんに質問です、インプラントの値段はいったい何によって決まると思いますか?
インプラントに使う素材や設備?
それとも、歯科医師の技術力や治療のレベルの高さでしょうか?
もちろん、そのどちらも値段を左右しますが、残念ながら正解ではありません。

ずばり申し上げると、インプラントの値段は――

すべての歯の噛み合わせが適正であるかを、正しく診断し、治療できる“知見”

――これがあるかないかによって、大きく違ってくるのです。

誤解をおそれずにいうなら、インプラントはあくまで口の中全体の健康をベストな状態にするための、ひとつの“手段”です。

前に「噛み合わせが原因で、口の中が“崩壊”する?」の記事でご説明したように、歯は28本ワンセットで個々にオリジナルの噛み合わせをもっており、角度にして1度単位、わずか0.1ミリという精密さで、おさまるべき位置にピタリとおさまっています。
それだけに、たった1本が抜けてしまっただけでも口内環境への影響はきわめて甚大です。
たとえば、抜けた歯のすき間を埋めようと、残った歯の角度が勝手に変わり、わずか数日で歯並びがガラリと違ってしまうこともしばしば起こります。 だからこそ、インプラント治療を行う際は、たんに抜けた1本を入れるというだけでなく、残されたほかの歯への影響も含め、崩れた噛み合わせ全体のハーモニーの回復を第一に考えなければいけません。
具体的には、インプラント治療だけでなく、矯正あるいはかぶせものによるミクロレベルでの歯の位置や高さの調節、残った歯についての歯周病治療や齲歯(虫歯)の根管治療など、必要なすべての手段を並行して行い、永く続く適切な噛み合わせを安定させることが不可欠なのです。



インプラントを含めたすべての治療においては、
噛み合わせのハーモニーが適正かを診る“知見”こそが何より大切です。

インプラントを含めたすべての治療においては、噛み合わせのハーモニーが適正かを診る“知見”こそが何より大切です。

こうした総合的な知見なしにインプラント治療を行っても、噛み合わせの不具合は解消されないまま、やがては新しく入れた歯だけでなく、周囲の歯にも不具合や痛みが起こってきます。

そうなると、インプラントは完全に失敗です。
せっかく入れたインプラントは、さらに高いお金をかけてやり直しをしなければならず、残っていた歯も1本また1本と抜けていってしまうのでは、なんの為に治療をしたのかわかりません。

そして、残念ながら「1本数万円」という値段では、総合的な“知見”により、噛み合わせのハーモニーを長きにわたって安定させるなどという発想は、まったく望めないでしょう。

インプラント治療には、高度な技術を持った医師と設備が不可欠

インプラントの費用に関して、少しは理解が深まりましたでしょうか?
もちろん実際の治療に関しても、インプラントは原理自体シンプルながら、これを行うにはきわめて複雑で難しい面が多い高度な治療です。
たとえば、歯が失われると周囲の血行も悪くなり、患者様には顎の骨がやせ細ったり、薄くなっていたりするケースが珍しくありません。
こうした場合、インプラントを埋め込むこと自体が困難なうえ、仮に埋め込んでも土台がもろくなっている為、すぐに痛みや不具合が起きたりします。

そこで必要なのが、インプラントとその周囲の骨を長期間にわたって維持する「骨移植」など、高い技術力と治療ノウハウの選択肢の広さです。

当然、こうした手術には時間もかかることから、患者様の全身状態のチェックや麻酔のコントロールがより重要となってきますし、その為の高度な設備のそろっていることが大前提になります。
そんな複雑で困難な治療が、はたして「数万円」などという安い値段できちんとできるものでしょうか?

答えは、おのずから明らかですね。

たとえ手ごろな値段であっても、正しい知見やそれに基づく診断もなく、設備と技術、そして経験も少ない医師が流れ作業のように治療をしてしまう、そんな歯科医院に大切なあなたの歯をゆだねてはいけません。
治療後の数十年を視野に入れ、必要なコスト意識をもつことが、結局は患者様にとって大きなメリットをもたらすのです。

 

インプラント治療はただ値段が高いか安いかではなく、患者様の長期的な健康を第一に考える歯科医に治療をゆだねることが大切です。
そうした点でもゆるぎない自信のある当院へ、ぜひお気軽にご相談ください。

インプラントに関する、ご相談やカウンセリングをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

当院の治療やご相談、本ホームページの内容等については、お気軽にお電話下さい。

0120-1-46184

Webからのお問い合わせ/ご相談