Dr.岩本イズム

長期的な健康のために命を守る歯の真実

ここでしか知れない本当の歯のはなし

根管治療、再発防止は歯医者さん選びが一番重要です!

神経を完全に取りきり、根管を無菌にしてない根管治療では、100%再発します

以前の「スーパー根管治療」ブログ でご紹介したように、現在、虫歯(齲歯)の治療を行う歯科医師にとって、いろはの「い」ともされているのが根管治療です。


この治療法は歯髄の根の部分にある「根管」という部分から、虫歯や細菌におかされた神経を取り除き、そのあと根管に薬を詰め、支台を作りその上にかぶせ物をするというもので、治療の過程では歯に穴をあける際の痛みを感じることありますが、大昔のように「虫歯=歯を抜く」という乱暴な治療に比べて、患者様の側の負担は劇的に減りました。


左:健康な歯 / 右:感染されている歯

左:健康な歯 / 右:感染されている歯


その意味で根管治療こそは、歯科治療の分野において“革命”といっていい進歩をもたらしたといえるでしょう。


CT画像

CT画像


このように、虫歯治療に“革命”をもたらした根管治療ですが、そこには大きく分けて2つの種類があります。

それは――

①歯髄の中の神経が生きている場合

②歯髄の中の神経が死んでいるか、すでに治療で取り除かれている場合

という2つのパターンで、治療する側からすると②のほうは非常に難しいといわざるをえません。
とりわけ困難を極めるのは、患者様が以前に根管治療を受けられた際、十分に神経を取り除けていなかったケースで、これを完全に治すには大変な技術と手間がかかります。


神経を取り除く、というと簡単に聞こえるかもしれませんが、歯の中心にある歯髄、そのまた根っこにある根管は、ミクロン単位の細い細い管が枝分かれし、曲がりくねった“迷路”のような部分です。
治療の際は、その迷路から菌におかされた神経を完全に取り除かなければいけませんので、その際の技術は皆さんがお考えになるより、はるかに高度なものが求められます。
となると、そこには当然のように歯科医師の技量や治療のための設備の差が歴然と現れてしまうわけです。


未熟な治療のせいで神経を完璧に取り除ききれていないという場合、その部分は時間とともに確実に菌におかされ感染が広まり、炎症が起こるようになり、膿をもつようになります。しかも悪いことに、かつての治療で中途半端に神経が抜かれていますので、患者様ご本人が再発したことになかなかお気づきになりません。


また、「治療してあるから大丈夫なはず」という誤った安心感もあって、症状はいよいよ静かに進んでいってしまいます。耐え難い痛みを感じるようになるころには、あごの骨まで炎症がひろがっているなど、よほどひどい状態になっていて、もはや簡単に治療することは望めません。



日本の根管治療のレベルは世界ワースト1!?

これを治すには、まず以前の治療のあとにかぶせモノを除去し支台の樹脂(又は金属)を取りはずし、根の中に詰めてあったものをきれいにしたうえで再発した患部を治療するわけですが、ただでさえ細く曲がりくねった迷路のような根管はボロボロで、ほとんど“カオス”といっていい状態になっています。


そんな状態から、患部の神経を今度こそ完全に取り除いていくのですから、これは本当に高い技術と時間が必要になって当然です。
たとえるなら、土台までいたんだ家を慎重にリフォームするのと同じで、先ほどの①のケースを最初に治療するときの数倍、いや10倍以上も大変な治療になりますし、何より患者様ご自身の負担が重くなります。
最悪の場合は治療方針を変えて抜歯し、インプラントなどのより大がかりな処置をしなければならなくなるリスクも考えなければなりません。


そんなことにならないためにも、大切なのは、たとえ虫歯一本の治療でも適当な歯科医院の適当な治療を選ぶのではなく、技術も設備も信頼に足る歯科医に診てもらうことです。

根管治療の場合は、以前の「スーパー根管治療」ブログでも書いたように顕微鏡(マイクロスコープ)やCTスキャンの使い方を熟知し、これを駆使した精度の高い“スーパー根管治療”ができるかどうかが、信頼できるかどうかの判断の分かれめになるでしょう。


顕微鏡(マイクロスコープ)

顕微鏡(マイクロスコープ)


ミクロン単位の迷路のような根管を、顕微鏡(マイクロスコープ)で拡大し、CTの電子の目で見て、完璧に治療する……それは今や世界の歯科医療では当たり前のことでもあります。


しかしながら、日本ではそうした世界のスタンダードから大きく遅れ、そうした“スーパー根管治療”をまともに行える歯科医の割合はなかなか増えていきません。
その結果、根管治療後の再発率はじつに7割以上と先進国中のワースト1という不名誉な状態におかれています。

根管治療後再発率


歯科医院を訪れるなかで、日常的に最も多いのは虫歯の患者様ですので、この治療をきちんと行えるというのは、いやしくも歯科医たるもの当然、と皆さんは思われるかもしれません。
しかしながら、このように、いろはの「い」である根管治療も、個々の歯科医院によって治癒率に天と地ほどの差があるのです。


患者様にはその点をご理解のうえ、3年後、5年後に後悔されることのないよう、信頼に足る歯科医を受診していただきたい と思います。

 

他の症例を見る Webからのお問い合わせ・ご予約はこちら

CONTACT

当院の治療やご相談、本ホームページの内容等については、お気軽にお電話下さい。

0120-1-46184

Webからのお問い合わせ/ご相談