Dr.岩本イズム

長期的な健康のために命を守る歯の真実

歯から手に入れる美と健康

お口の衛生管理と健康維持で新型コロナ予防

お口のケアで感染症対策!
お口の衛生管理・健康維持が新型コロナの予防に役立ちます

withコロナの時代となり、一人ひとりに感染対策が求められていますが、新型コロナウイルス感染症の発症や重症化の予防に、歯とお口の健康維持が役立つことがわかっています。
生涯ご自身の歯で噛み、豊かな生活を送るため、そして、全身の健康を守るため、適切なお口のケアを行っていきましょう!

 

お口の衛生管理で免疫力UP!

お口を清潔に維持することで、インフルエンザの感染リスクが低下することがわかっていますが、新型コロナウイルスにおいても、同様のことが言われています。
鼻や口の粘膜に備わっている免疫機能は、お口の中が不衛生になると十分に働きません。唾液に含まれるIgAという成分が、細菌やウイルスの侵入を防いでくれるのですが、お口の中が不衛生で排除すべき細菌が多くなってしまうと、侵入を防ぎきれなくなってしまうのです。

 

新型コロナは経口感染に注意が必要です

ウイルスは、どこからでも体内に侵入してくるわけではありません。“レセプター(感染受容体)
”というたんぱく質を介して体の中に入ってきます。このレセプターには種類があり、新型コロナウイルスのレセプター(ACE2)は、舌の粘膜に多数存在しているため、経口感染に特に注意が必要です。 お口の中の細菌は、主にプラークと舌の上の汚れ(舌苔)に存在するため、舌清掃を含めた口腔清掃を徹底することが大切です。

口腔清掃のイラスト

お口の衛生管理が肺炎の重症化を予防します

お口の中が不衛生で口腔内細菌が多い状態では、緊急時に人工呼吸器の装着が必要になった場合、“人工呼吸器関連肺炎(VAP)”の発症リスクが高まります。新型コロナなどのウイルス性肺炎に加え、口腔内細菌由来の肺炎を発症させることになるのです。
肺炎は命に関わる感染症であり、高齢者の死亡原因で最も高い割合となっています。新型コロナの重症化リスクが高い高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、徹底した感染予防に加え、お口のケアをしっかり行い肺炎の併発を防ぐことが大変重要です。

鏡で口を見る女性

歯周病の放置は危険!感染症リスクを高め、全身疾患にも悪影響

歯周病菌が作り出す“プロテアーゼ”などのたんぱく質分解酵素は、口の中の粘膜を破壊し、細菌やウイルスが体内に侵入するのを助けます。
これにより、インフルエンザの感染リスクが高まることがわかっていますが、タミフルなどの抗ウイルス薬を効きにくくすることから、重症化リスクを高めることもわかっています。

また、歯周病が進行してできる“歯周ポケット”は、細菌のすみかとなり、口腔衛生の悪化を招きます。お口の健康を守り、感染症を防いで健康に過ごすために、徹底したお口の衛生管理と適切な歯周病治療が大切です。

お口の機能を高めることが、感染症を予防し全身の健康を守ります

お口の衛生管理はもちろん、健康な歯を守り、「噛む」機能を守ることが全身の健康において大変重要です。しっかり噛めるということは、食事や会話を楽しみ、豊かな生活を送るうえでも欠かせません。

 

噛む力の低下が、免疫力の低下を招きます

免疫力を高めるためには、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。しかし、噛む力が低下すると、柔らかい食べ物に偏りやすく、タンパク質を含む食品を避ける傾向があるため注意が必要です。
しっかり噛むための歯を守り、免疫力を高める食生活を心がけることが、新型コロナをはじめとする感染症予防や健康維持に有効です。

歯が抜けたままになっていたり、合わない入れ歯を使い続けていたり、噛めない状態が続いている方は、適切な治療を受けて噛む機能を高めることが大切です。

 

噛めなくなると、さまざまな病気のリスクが高まります

新型コロナなどの感染症予防だけでなく、咀嚼機能を高めることが、さまざまな病気の予防につながります。歯を失って噛めなくなると、脳の血流が悪くなったり、胃腸の負担が大きくなったり、肥満や糖尿病のリスクが高くなるのです。

噛めないことの悪影響

  • 免疫力の低下
  • 認知症
  • 肥満
  • 糖尿病
  • 脳血管疾患
  • 胃腸への負担
  • さらなる歯の
    喪失
  • 歯並び・噛み合わせ
    の乱れ
  • 睡眠時無呼吸
    症候群
  • 気鬱
笑顔の老夫婦

長期的な健康のために、徹底したお口の衛生管理を

感染症対策や健康維持には、徹底した「衛生管理」と「噛む機能の維持」が大切です。当院は、質の高いセルフケア習得に向けた指導はもちろん、歯を守るための精密根管治療や歯周病治療、失った歯を取り戻すインプラント治療、お口の健康状態を把握する「歯科ドック」など、総合的な治療によって患者様の健康を守ります。
一人ひとりに感染対策が求められている今、お口の健康を見直してみてはいかがでしょうか?お気軽に当院へご相談ください。

 

[参考]

〇日本歯科医師会・新型コロナウイルス感染症について
https://www.jda.or.jp/corona/Oral-care-Immunity.html
〇歯科医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応指針
〇平成15年度厚生労働省老人保健健康増進等事業,口腔ケアによる気道感染予防教室の実施方法と有効性の評価に関する研究事業報告書,地域保健研究会,東京,2004.

 

他の症例を見る Webからのお問い合わせ・ご予約はこちら

CONTACT

当院の治療やご相談、本ホームページの内容等については、お気軽にお電話下さい。

0120-1-46184

Webからのお問い合わせ/ご相談