Dr.岩本イズム

長期的な健康のために命を守る歯の真実

人生を変えた症例紹介

症例№28 被せ物でより綺麗に、より咬めるように。

インプラント、被せもの治療

(I.Nさん 36歳・2019年11月完成)

Case_028

[治療内容]インプラント、被せ物、ホワイトニング

[費用]約200万円

[治療に伴うリスク・副作用]
インプラント治療リスク
インプラント治療の危険性・合併症
インプラント治療は外科処置の為、発生しうる危険性、及び合併症があります。
〇一過性及び永久性の唇・舌・頬・歯肉・歯牙等の感覚麻痺
〇近接歯牙の損傷・上顎洞・鼻腔への穿孔
〇炎症・疼痛・過敏症・組織治癒遅延、及び術部顔面部の内出血
そのため、重々、診査・診断の上治療を行う必要があります。また、通常の歯と同じように清掃に気を付けないと、インプラント周囲炎になる可能性があるため、丁寧なブラッシングと定期メンテナンスが重要となります。

被せ物治療に伴うリスク
過度の衝撃により欠ける、割れる可能性があります。
清掃に気を付けないと、虫歯や歯周病になる可能性がある為、丁寧なブラッシングと定期メンテナンスが重要となります。
歯を必要最低限削る必要があります。
硬度が非常に高いため、噛み合わせが強い場合、反対側の歯に影響が出る場合があります。

ホワイトニング治療に関するリスク
ホワイトニング後、歯がしみたり痛みを感じることがあります。ホワイトニング後は濃い色の飲食物を避けなければならないといった、食事制限を守る必要があります。


Iさんはホームページを見て当院に来院されました。左上前歯から奥歯に欠けてのブリッジの色合いが自身の歯に比べて着色し、金属が露出している状態が気になるためとの事でした。
ブリッジの歯が欠損しているところには、インプラントで治したい、またホワイトニングにも興味を持っていらっしゃいました。

10

11

右:初診時のレントゲン。左:治療後のレントゲン。欠損していた部分にインプラントを埋入しました。


本物の歯を作っていく前に、ホワイトニングを行いました。
13

ホワイトニング前。

14ホワイトニング後。歯の色のトーンが上がりました。


ホワイトニング後のご自身の歯の色味に合わせて、左上の歯を作成しました。

1

12

左:治療前。金属が見えています。 右:治療後。
左上の3番と5番目の歯は、ご自身の歯を使ったジルコニアの被せ物。
左上の4番目の歯はインプラントのジルコニアの被せ物を入れました。

赤く付いているのは咬み合わせの当たっている場所です。被せ物とインプラントもしっかり咬んでいるということが分かります。


15

治療後横からの写真。自然な仕上がりになっています。


他の症例を見る Webからのお問い合わせ・ご予約はこちら

CONTACT

当院の治療やご相談、本ホームページの内容等については、お気軽にお電話下さい。

0120-1-46184

Webからのお問い合わせ/ご相談