Dr.岩本イズム

長期的な健康のために命を守る歯の真実

ここでしか知れない本当の歯のはなし

ご要望に徹底しておこたえする「オーダーメイド治療」

当院の「オーダーメイド治療」とは

私どもでは、患者さんおひとりおひとりのご要望をおうかがいし、それに基づいて治療を行う「オーダーメイド治療」を徹底しています。


具体的には――

  • 治療にかかる費用、期間、治療によってどうしたいかのイメージなど、患者さんの「ああしたい」「こうしたい」というご要望やお考えを、とことんおうかがいする。
  • おうかがいしたご要望やお考えに対し、どのように治療を進めるのが最善かをわかりやすくご提示する。
  • その際は、それぞれの治療計画の長所だけでなく、リスクまでもすべてきちんとご説明し、ゴールにいたる最終的な治療計画をおひとりおひとりに作成する。
  • 治療にあたっては、想定されるリスクを最小限に抑える方法を選んで、計画したゴールへと安全確実に到達する。

――というプロセスを治療の土台にし、患者さんに100%のご満足をいただくのをミッションと考えています。

 

近年、医療の分野では“説明と納得”を前提とする「インフォームド・コンセント」という考えが浸透し、患者さんの側もある程度の治療情報に接することができるようになりましたが、歯科の世界では今もなお不徹底なことが少なくないと聞いています。
たとえば、何かというと「それはできません」とNOをつきつける歯科医、あるいは十分な説明や治療の選択肢をご提示せず、一方的な治療計画を押しつける歯科医院……こうしたケースが当たり前のようにまかりとおっており、治療の主役であるはずの患者さんは納得もできないまま、これに従わざるをえないというのです。

なぜ、簡単に「それはできません」と口にするのでしょうか?
その歯科医に、症例に対応した十分な技術や必要な設備が欠けているからです。
なぜ、説明なしに一方的な治療計画を押しつけるのでしょうか?
その歯科医に、豊富な治療経験や実績、総合的な判断を下す知識がないからです。
患者さんのあらゆるご要望や症例にきめこまかく対応し、おひとりおひとりに合った治療を行うには、検査も含めた高い技術や最新設備はもちろん、最先端の知識や知見、それに基づく数多い経験と実績が不可欠であり、そうした“総合的歯科治療”を実践できる自信がなければ、おいそれと「オーダーメイド治療」などと申し上げられません。

 

インプラントこそオーダーメイド治療が不可欠

インプラントを例にお話しましょう。
他院で相談をしたところ「あごの骨が薄すぎて無理ですね、義歯にしましょう」と簡単にいわれ、納得がいかず私どもにおいでになる患者さんがじつにたくさんおられますが、これなどはまさに歯科医の技術不足の典型例といえます。
たしかに、多くの歯を失われると、あごの血行が悪くなるせいで骨にも異常が出やすくなりますが、ほとんどの場合は技術上の工夫でインプラント治療は十分に可能です。
もちろん、そこには高度な技術が必要で、手術も時間がかかるうえ、患者さんの全身状態のチェックや麻酔のコントロールがより重要になるところ、私どもがかかげる“総合的歯科治療”ならリスクを抑えて治すことも困難ではありません。

 

IMG_8128

セカンドオピニオン外来でお越しいただき、インプラント治療をされた患者さんです。

 

同じくインプラントの場合、私どもでは「今日、どうしても噛めるようにしてほしい」というケースに対し、その名も「One Day インプラント」という治療法をご提案するなど、どんなご要望にも最善の対応をさせていただけるのが何よりの強み。
そうした幅の広さが「オーダーメイド治療」には不可欠であり、「できません」ではなく、「必ず方法があります」とお答えできること――私どもが日々努力と工夫を重ね続けるのは、それによって患者さんに笑顔を取り戻していただきたいからなのです。

他の症例を見る Webからのお問い合わせ・ご予約はこちら

CONTACT

当院の治療やご相談、本ホームページの内容等については、お気軽にお電話下さい。

0120-1-46184

Webからのお問い合わせ/ご相談