歯科医師臨床研修プログラム

臨床研修医募集要項

1.理念

当院のミッションは、患者様の健康を取り戻し、豊かな人生を送るお手伝いをすることです。歯科医師は、単に専門分野の負傷又は疾病を治療するのみでなく、歯科医師と患者様およびその家族との間のコミュニケーションの下に総合的な診療を行うことが求められています。また、医療の社会的重要性および公共性を考えると、臨床研修は、歯科医師個人の技術の向上を超えて、社会にとって必要性の高いものです。
このため、臨床研修については、患者様中心の全人的医療を理解したうえで、歯科医師としての人格を磨き、総合的な診療能力(態度・技能・知識)を身に着け、臨床研修を生涯研修の第一歩とすることと考えます。

2.研修プログラムの特徴

岩本歯科医院の歯科医師単独型臨床研修プログラムは、12ヶ月間当院で研修が出来るプログラムです。
1口腔単位の総合歯科医療を目指し、ドーソン理論に基づく咬合診断、マイクロスコープを使用した歯内療法や、歯根端切除などのマイクロサージェリー、治療計画からSPTまでのトップダウントリートメントで構築された歯周病治療、インビザライン等を含む矯正治療、口腔外科手術からインプラント・補綴まで、CTを用いた診査、診断、治療計画を習得することを目標とし、それぞれの能力に応じて基本治療を研修、実践してもらうことができるプログラムです。さらにこれらのノウハウは、当院オリジナルのものです。月2回の岩本歯科グループ合同の勉強会では実践的な、臨床研修をさらに深く学ぶことが可能となります。
また自ら患者様を担当し、指導歯科医のアドバイスのもとに1年間の総合診療研修を行い、初診の患者様では、診査、診断、治療計画、治療、経過管理を行い、長期経過を追うことができます。
そして研修協力施設と連携して、1ヶ月間病棟管理、地域連携や救急医療を学ぶことができ短期間で集約された合理的かつ充実した臨床研修プログラムとなっています。尚当プログラムで臨床研修を修了されたドクターは、優先的に当院へ就職することが可能となります。

3.歯科医師臨床研修のねらい

  • 歯科医師として好ましい態度・習慣を身に付け、患者様及び家族とのよりよい人間関係を確立する。
  • 全人的な視点から得られた医療情報を理解し、それに基づいた総合治療計画を立案する。
  • 歯科疾患と障害の予防及び治療における基本的技能を身に付ける。
  • 一般的によく遭遇する応急処置と、頻度の高い歯科治療処置を確実に実施する。
  • 歯科診療時の全身的偶発事故に適切に対応する。
  • 自ら行った処置の経過を観察、評価し、診断と治療に常にフィードバックする態度・習慣を身に付ける。
  • 専門的知識や高度先進的歯科医療に目を向け、生涯研修の意欲への動機付けをする。
  • 歯科医師の社会的役割を認識し実践する。

4.研修目標

「基本習熟コース」については、研修歯科医自らが確実に実践できることが基本であり、臨床研修修了後に習熟すべき「基本習得コース」については、頻度高く臨床において経験することが基本である。

1. 歯科医師臨床研修「基本習熟コース」

「基本習熟コース」については、研修歯科医自らが確実に実践できることが基本であり、臨床研修修了後に習熟すべき「基本習得コース」については、頻度高く臨床において経験することが基本である。

(1)医療面接
一般目標

患者様中心の歯科診療を実施するために、医療面接についての知識、態度及び技能を身に付け、実践する。

行動目標
  • コミュニケーションスキルを実践する。
  • 病歴(主訴,現病歴,既往歴及び家族歴)聴取を的確に行う。

  • 病歴を正確に記録する。
  • 患者様の心理・社会的背景に配慮する。
  • 患者様・家族に必要な情報を十分に提供する。
  • 患者様の自己決定を尊重する。(インフォームドコンセントの構築)。
  • 患者様のプライバシーを守る。
  • 患者様の心身におけるQOL(Quality Of Life)に配慮する。
  • 患者様教育と治療への動機付けを行う
(2)総合診療計画
一般目標

効果的で効率の良い歯科診療を行うために、総合治療計画の立案に必要な能力を身に付ける。

行動目標
  • 適切で十分な医療情報を収集する。
  • 基本的な診察・検査を実践する。
  • 基本的な診察・検査の所見を判断する。
  • 得られた情報から診断する。
  • 適切と思われる治療法及び別の選択肢を提示する。
  • 十分な説明による患者の自己決定を確認する。
  • 一口腔単位の治療計画を作成する
(3)予防・治療基本技術
一般目標

歯科疾患と機能障害を予防・治療・管理するために、必要な基本的技術を身に付ける。

行動目標
  • 基本的な予防法の手技を実施する。
  • 基本的な治療法の手技を実施する。
  • 医療記録を適切に作成する。
  • 医療記録を適切に管理する。
(4)応急処置
一般目標

一般的な歯科疾患に対処するために、応急処置を要する症例に対して、必要な臨床能力を身に付ける。

行動目標
  • 疼痛に対する基本的な治療を実践する。
  • 歯、口腔及び顎顔面の外傷に対する基本的な治療を実践する。
  • 修復物、補綴装置等の脱離と破損及び不適合に対する適切な処置を実践する。
(5)高頻度治療
一般目標

一般的な歯科疾患に対処するために、高頻度に遭遇する症例に対して、必要な臨床能力を身に付ける。

行動目標
  • 齲蝕の基本的な治療を実践する。
  • 歯髄疾患の基本的な治療を実践する。
  • 歯周疾患の基本的な治療を実践する。
  • 抜歯の基本的な処置を実践する。
  • 咬合・咀嚼障害の基本的な治療を実践する。
(6)医療管理・地域医療
一般目標

歯科医師の社会的役割を果たすため、必要となる医療管理・地域医療に関する能力を身に付ける。

行動目標
  • 保険診療を実践する。
  • チーム医療を実践する。
  • 地域医療に参画する。

2. 歯科医師臨床研修「基本習得コース」

生涯にわたる研修を行うために、より広範囲の歯科医療について知識、態度及び技能を習得する態度を養う。

(1)高度専門治療
一般目標

専門性の高い歯科診療に対して必要な臨床知識、態度及び技能を修得する。

行動目標
  • 歯周外科治療を体験する。
  • 専門的な根管治療を体験する。
  • 矯正治療及びインビザラインによるマウスピース矯正を体験する。
  • インプラント治療を体験する。
  • 院内ラボで歯科技工を行う。
(2)救急処置
一般目標

歯科診療を安全に行うために、必要な救急処置に関する知識、態度及び技能を習得する。

行動目標
  • バイタルサインを観察し、異常を評価する。
  • 服用薬剤の歯科診療に関連する副作用を説明する。
  • 全身疾患の歯科診療上のリスクを説明する。
  • 歯科診療時の全身的合併症への対処法を説明する。
  • 一次救命処置を実践する。
  • 二次救命処置の対処法を説明する。
(3)医療安全・感染予防
一般目標

円滑な歯科診療を実施するために、必要な医療安全・感染予防に関する知識、態度及び技能を習得する。

行動目標
  • 医療安全対策を説明する。
  • 医療事故及びヒヤリ・ハットを説明する。
  • 医療過誤について説明する。
  • 院内感染対策(Standard Precautionsを含む)を説明する。
  • 院内感染対策を実践する。
(4)経過評価管理
一般目標

自ら行った治療の経過を観察評価するために、診断及び治療に対するフィードバックに必要な知識、態度及び技能を習得する。

行動目標
  • リコールシステムの重要性を説明する。
  • 治療の結果を評価する。
  • 予後を推測する。
(5)予防・治療技術
一般目標

生涯研修のために必要な専門的知識や高度先進的技術を理解する。

行動目標
  • 専門的な分野の情報を収集する。
  • 専門的な分野を体験する。
  • POS(Problem Oriented System)に基づいた医療を説明する。
  • EBM(Evidence Based Medicine)に基づいた医療を説明する。
(6)医療管理
一般目標

適切な歯科診療を行うために、必要となるより広範囲な歯科医師の社会的役割を理解する。

行動目標
  • 歯科医療機関の経営管理を説明する。
  • 常に、必要に応じた医療情報の収集を行う。
  • 適切な放射線管理を実践する。
  • 医療廃棄物を適切に処理する。
(7)地域医療
一般目標

歯科診療を適切に行うために、地域医療についての知識、態度及び技能を習得する。

行動目標
  • 地域歯科保健活動を説明する。
  • 歯科訪問診療を説明する。
  • 歯科訪問診療を理解する。
  • 医療連携を説明する。

5.プログラム責任者

医療法人春光会 岩本歯科医院 院長 岩本 宗春

6.単独型臨床施設概要

施設名

岩本歯科医院

所在地

神奈川県横浜市中区不老町3-15-1

開設者

岩本 宗春

管理者

岩本 宗春

診療科名

歯科、口腔外科、矯正、審美、咬合、インプラント、根管治療

研修プログラム責任者

内藤 直輝

事務担当者

事務局長 小泉 美恵

施設概要

歯科医師常勤2名

ユニットチェアー10台

施設HP:https://www.the-implant.or.jp

7.研修協力施設概要

施設名

公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター

所在地

神奈川県横浜市南区浦舟町4-57

開設者

二見 良之

管理者

後藤 隆久

診療科名

歯科、口腔外科、矯正、小児

研修実施責任者

大村 進(診療教授)

施設概要

歯科医師常勤6名

ユニットチェアー8台

施設HP:https://www.yokohama-cu.ac.jp/urahp/

施設名

岩本歯科医院

所在地

神奈川県横浜市中区不老町3-15-1

管理者

内藤 直輝

研修実施責任者

内藤 直輝

施設概要

歯科医師常勤2名

ユニットチェアー10台

施設HP:https://www.the-implant.or.jp

8.プログラムの管理運営体制

名称

岩本歯科医院研修管理委員会

研修管理委員長・
プログラム責任者・指導歯科医

院長 岩本 宗春

指導歯科医・研修実施責任者

内藤 直輝

研修実施責任者

大村 進(横浜市大附属市民総合医療センター)

事務責任者

小泉 美恵

9.外部委員

宮本歯科クリニック 院長 宮本 文雄

10.プログラム修了の認定

管理者は、研修管理委員会の評価に基づき、研修歯科医が臨床研修を修了したと認めるときは、速やかに、当該研修歯科医に対して臨床研修修了証を交付する。

CONTACT

当院の治療やご相談、本ホームページの内容等については、お気軽にお電話下さい。

0120-1-46184

Webからのお問い合わせ/ご相談